小銭も貯めれば諭吉になる最新の記事

肌が乾燥するとゴワゴワに・・・

肌が乾燥すると、ゴワゴワした感じになるのは肌内部の水分が枯渇してしまった状態になっているからです。

このようにゴワゴワした肌内部のイメージは、水分を含んだ柔らかい容器が、水分が蒸発してしまった状態で、ヨレヨレにしぼんでしまった感じです。

この容器の中に十分な水分量があれば、肌に潤いが保たれます。

そして、この容器は、肌の表面に位置する角質層という部分に無数にあり、その一つ一つが密に寄り添って肌が形成されています。

ヨレヨレにしぼんだ容器が集まっている状態と水分量が十分に保たれている容器が集まっている状態をイメージすれば、肌がどのような状態になるかは一目瞭然です。

この容器をもっと詳しく説明すると、肌の表皮という部分にある角質層の中で、薄い角質細胞がレンガ状に約20層積み重なって形成されています。

そして、そのレンガの隙間を埋めて接着剤のような役割をして強い防御壁を作っているのが、角質細胞間脂質のセラミドです。

保湿のための美容液を毎日使っている人なら、一度はセラミドという名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

こうした角質細胞とセラミドが中心になって形成されている働きをバリヤ機能と呼び、このバリヤ機能の中で、水分の蒸発を防ぐ重要な働きをしているのがセラミドです。

ですので、角質層に十分なセラミドが存在していれば、水分が保たれてゴワゴワの肌になることはありません。

そして、このバリヤ機能には、もう一つの大切な働きがあります。

それは、外部からの刺激や異物の浸入をブロックして肌を守るということです。

この働きもセラミドの存在が深く関わっています。

ですが、角質層のセラミドの量は年齢を重ねるとともに加齢の影響で減少してしまいます。

すると、水分量を保てなくなって肌は乾燥し、ゴワゴワの状態に陥り、さらに、外部からの刺激が浸入しやすくなって敏感肌になってしまいます。

http://kotanriho.info/

こうしたセラミド不足の状態を改善するには、セラミドがたっぷりと含まれた美容液で、しっかりと保湿してやることです。

洗顔後に、ただ化粧水を付けるだけでは保湿にはなりません。

小銭も貯めれば諭吉になるについて

おすすめの人気家電やヤフオク中古価格など。
長野 車検ビジネス書・自己啓発本の買取取手 接骨院